足のむくみ解消法で血流改善|下半身のボリュームをダウン

たんぽぽの根や葉のお茶

お茶

大地のミネラルをたっぷりと吸って育った野草は、栄養価が高いことで知られています。ミネラルはもちろん、ビタミン類や食物繊維も多く含まれているのです。そのため野草は、健康食品の原料としてよく使われていますが、その中でも特に注目されているのが、たんぽぽの根や葉です。これらには、コレステロール値や血糖値を下げる成分や、利尿作用のある成分が含まれているのです。したがってこれらを摂取すれば、動脈硬化や糖尿病、腎臓の機能低下などが防がれやすくなります。そして摂取しやすいようにと作られたのが、たんぽぽ茶です。たんぽぽ茶は、たんぽぽの根や葉を乾燥し、焙煎することで作られています。そのためお湯などを注げば、にじみ出てきた根や葉のエキスと一緒に飲むことができるのです。

さらにたんぽぽ茶には、便秘を解消させる効果もあります。食物繊維が豊富なので、それを水分と一緒に摂取することで、大腸内の便が膨らんで柔らかくなり、押し出されやすくなるのです。しかもたんぽぽ茶は、ノンカフェインとなっています。そのため妊娠中や授乳中の女性でも、赤ちゃんへの悪影響を気にすることなく、飲むことができます。妊娠中も授乳中も、大腸内の水分が少なくなることで便が出にくくなるので、たんぽぽ茶はその予防や解消のためによく飲まれています。ただし飲みすぎると、便が柔らかくなりすぎて、下痢として出てくることがあります。そのため便秘がちでも、一気に大量に飲むようなことはせずに、食後に1杯ずつといった無理のないペースで飲むことが大事です。