足のむくみ解消法で血流改善|下半身のボリュームをダウン

糖質をカットでスリムに

ダイエット

糖質カットで痩せる仕組み

糖質制限ダイエットは、名前の通り、食事から摂取する糖質を意識的に減らす食事法です。私達は普段の生活の中で、主食として穀物を摂ることが多いですが、こうした炭水化物も糖質と食物繊維から構成されているため、注意が必要です。しかし、糖質を一切摂らないと健康へ悪影響を及ぼす可能性があるため、糖質を含む食材を使う量を減らし、他の食材へ置きかえるなどの方法がおすすめです。糖質制限ダイエットでは、食事中の糖質を抑えることで、食後の血糖値の上昇をおだやかにし、インシュリンの分泌を抑制する効果が期待できます。これによって、体内に蓄積された体脂肪を効率的に燃焼できる体づくりへつながるのです。食事量自体を減らす必要がないため、ストレスの少ないダイエット法と言えます。

食材選びのコツ

糖質制限ダイエットでは、主食となる炭水化物のコントロールが必須となります。特に、白米やパンなどの精製された穀物は、食後の血糖値を急上昇させる働きがあります。血糖値が急激に上がると、体脂肪を蓄えやすくなります。糖質制限中は、食後の血糖値の上昇が穏やかな、精製されていない穀物を選ぶことがおすすめです。例えば、玄米やそば、全粒粉のパンなどが挙げられます。そばを選ぶ際には、小麦粉の使用料が少ないものが好ましく、可能であれば、10割そばを食べると良いでしょう。また、酢の物や乳製品には、血糖値上昇を緩和する働きがあります。食事の初めにこれらを食べてから、炭水化物を摂ることで、血糖値の上昇をコントロールすることもできます。